薬を飲んでも変わらなかった便秘が改善!

患者様

50代 女性 会社員

症状

慢性的な便秘

骨盤まわりの体型・歪みが気になる。

O脚

施術内容

初回の施術では足関節の可動域制限がみられるため、可動域の改善。背骨の柔軟性の改善。

初回の施術にて姿勢の変化を実感。

2回目にて、股関節・足関節の可動域改善。引き続き、背骨の柔軟性の改善。

4回目で全体的な改善がみられるようになったため、内臓施術に入る。胆のう・肝臓・小腸・胃・大腸のアプローチ

7回目で便通の改善の確認。内臓のアプローチに加え、首まわりの柔軟性を出すことで、自律神経の安定を図る。

9回目にて毎日、便通が出るようになったことを確認。施術を終了とする。

指導

寝る前に腹式呼吸を30秒、仰向けでバンザイを30秒するように指導。

甘いものが好きな方だったので、甘いものを食べる頻度を減らすように指導。

 

考察

まず姿勢不良で内臓の働きが低下することも実はあります。

猫背になりますと、どうしても胃や腸が圧迫されてしまい、働きが低下してしまいます。

そのため、まずは足関節や股関節・背骨の柔軟性を出すことで姿勢やO脚が改善され、胃腸の働きも正常の状態に戻りやすくなります。

姿勢が改善してから、内臓のアプローチをすることで、便通の改善がスムーズだったと考えております。

また甘いものなどの糖質を取りすぎてしまいますと、腸の中で悪玉菌が増えやすくなりますので、便秘ぎみの方は糖質を制限することも非常に重要になります。

便秘ぎみの方は姿勢や呼吸、そして何を食べないか。ということも意識してくださいね。