スタッフ紹介

石田先生

とし整体院 代表

石田 恭太

1989年 鳥取県 出身

スポーツジム 1年 勤務

接骨院 2年 勤務

とし整体院 代表 7年

 

野球観戦が好きです。

阪神ファンです。

ラーメンが大好きです。

特につけ麺が大好きです。

得意な施術

施術全般的に行います。その方に合わせて、自律神経や内臓整体、骨盤矯正をおこなっております。

三児の父ということもあり、産後のお母さんの大変さを間近で見ておりました。その経験をいかして、出産経験のある女性の施術を中心に対応してまいります。

私が整体院の先生になったきっかけ

小学校・中学校・高校と野球をしていて、ポジションはピッチャーでした。ところが高校生の時に投球が原因で右肘を痛めてしまい、近所の整形外科に行ってリハビリを受けるものの、全く治らず途方にくれていました。

そのような状況の時にとある治療院の噂を聞き、治療を受けたところ、驚くくらいに激的に回復することができました。

この感動をきっかけに治療の世界に入ることを決意しました。

学生時代は野球に打ち込んでいました。

高校卒業後は地元の鳥取を出て、大阪の専門学校に入学しました。

昼間は学校で勉強し夜は仕事をする、という生活を続け、無事卒業し、国家資格を取得することができました。

卒業後はスポーツ医学や整体など、さまざまな分野の勉強に励んでおります。

施術スタッフ

森 俊樹

 

1982年 高槻市生まれ

 

整形外科リハビリ室 4年勤務

整形外科付属の整骨院 3年勤務

クラブチームのトレーナー 7年

好きな言葉

一期一会

好きなこと

サイクリング・旅行

得意な施術

症状や悩みにかかわらず、自然治癒力を向上させるための施術をよくおこないます。

人間は本来は痛みがあっても寝たら回復できるようになっています。ところが、そのようにならないのは、自然治癒力に関係する内臓や自律神経が乱れているからです。

そのために、内臓整体・自律神経整体にて、薬に頼らない・寝たら回復する体になるように日々施術に取り組んでおります。

私が整骨院の先生になったきっかけ

高槻の高校時代バレーボールをしていたのですが、ひどい腰痛に悩まされ一時期バレーボールができない時がありました。

 

高校生 バレーボール部

バレーボールが大好きでした。強くはなかったですが・・・。

整形外科などの病院も受診もしましたが、大きな異常が見つからず、病院から言われる言葉も「練習を休みなさい」と言われるのみ。

バレーボールがしたくてもできない日々が続き、精神的にも追い込まれていたことは良く覚えています。

そのような時に、母からの勧めで、とある治療院で施術を受けることに。半信半疑で受けにいきましたが、施術を受けた後に楽に起き上がれるようになったことをよく憶えています。

その後、劇的に腰痛は回復、バレーボールにも無事に復帰することができ、このことをきっかけに人の体をよくすることに興味を持つようになりました。

今では薬や病院の力を借りずに、自然治癒力を引き上げて体を回復させることができるということを少しでも多くの人に知ってもらうために、日々施術に取り組んでおります。

 

とし鍼灸整体院(旧 とし整骨院)

〒569-1022大阪府高槻市日吉台一番町12-12 1階