中学生からの頭痛・生理痛が改善!

患者様

30代 女性 会社員

症状

仕事で疲れがたまると頭痛がある。

生理前症候群や生理痛がひどく、薬が手放せない状態。中学生のころから生理痛と頭痛に悩まされてきた。

下痢と便秘を繰り返すことが多い。

施術内容

初回の施術では骨盤まわりの動きが悪いため、骨盤まわりの柔軟性が出るように施術をする。

4回目の施術で生理痛の緩和が確認。下痢は時々残る。

6回目の施術にて頭痛がほとんど感じなくなったことが確認。たまに便秘になる程度。

10回目にて肩こり・頭痛はかなり軽くなり、生理痛はその周期によって少し痛みがあることもあるが、薬を飲むことがなくなった。

指導内容

寝る前に深呼吸(腹式呼吸)をやめるように指導。

毎朝食べていたパン食を和食に切り替えるように伝える。

考察

この方の症状の一番の原因は腸の状態でした。

小腸が食事によって炎症が起きている状態が考えられ、それが原因で生理痛や頭痛、下痢・便秘を繰り返すといったことが起きていると推測。

まずは骨盤まわりの柔軟性を出すことで腸の動きの改善し、腸に負担がかからないような食事に変えていただきました。

腸の働きが改善されてくると、自然と炎症が起こりにくくなり、生理痛や頭痛が改善されます。

また、腸がしっかりと働くことで下痢や便秘もなくなり、便通もよくなりました。

腸は栄養を吸収するだけでなく、体の炎症をコントロールする非常に大切な器官ですので、皆さんも腸は大切にしてくださいね。

生理痛について詳しくはこちら

生理痛

この記事に関する関連記事