院長からのメッセージ ヒステリー球

院長からのメッセージ

当院では、ヒステリー球に限らず、自律神経症状で悩んでいる方が多く来院されます。
そのような方々の共通点は、「この症状を改善させるには、病院に行くしかない。」と考えていたことです。
 「もう治らないと思っていた。」
「病院でこのまま薬を飲みながらつきあっていくしかない」
このような思い込みをしていた方ばかりです。
「もっと早くに施術を受けてくれたらよかったのに…」
このような方々を施術をしていて、私はいつも悔しい思いを感じていました。

もちろん、病院で検査することや治療を受けることも時には大切ではあると思います。

しかし、病院の治療ではあくまでも症状を押さえ込んでいるだけですので、根本改善にはなりません。

薬などに頼らずに、自分自身で自分の体を回復させる力が身につけること。これが真の健康だと私は考えております。

あなたには二つの道があります。
施術を受けて、あなた自身がストレスのない快適な生活を送ること。
もうひとつは薬に頼りながら、いつまた症状が出てくるかにおびえながら生活を送っていくこと。
どちらの道が良いでしょうか?
「もっと早くにとし整骨院に来ておけばよかった」
そう思わないためにも、後悔のない選択をしてください。