自己紹介 トップページ2 

骨盤矯正のスペシャリスト

院長写真

院長 森俊樹

1982年生まれ 高槻市出身

資格

柔道整復師

経歴

整形外科リハビリ室 4年勤務

整骨院3年 勤務

クラブチームトレーナー 7年

2012年 とし整骨院 開院

趣味

サイクリング・旅行

私が出産経験のある女性の骨盤ケアにこだわる理由

4年ほど前に出産後の様々な不調や二人目不妊で悩んでいた高橋さん(仮名)と言う女性が当院に来られました。
お一人目の出産が帝王切開だったそうですが、その時の傷が化膿してしまい、産後2ヶ月ほど寝たきりになってしまったそうです。
その結果、産後の骨盤ケアに取り組むことができず、筋力も低下してしまい出産してから4年以上経ったあとでも、骨盤はグラグラの不安定な状態でした。
そのため、腰痛や右足のしびれなどの症状が強く、生理前にも頭痛に悩まされ、痛み止めが手放せない状況だったとのこと。
そしてお二人目を妊娠できないことも大きな悩みだったそうです。

腰やしびれがある。

そのような時にホームページで当院を見つけ、施術を受けていただきました。

はじめは症状の変化は見られませんでしたが、6回目で右足のしびれがなくなり、その後、生理前の頭痛もほぼなくなりました。

ただ、お二人目の妊娠がなかなかうまくいかない‥‥

半年ほど治療が一進一退の状況が続きましたが、ある土曜日の朝に恥ずかしそうな表情で、「妊娠反応が出ました。」と報告をいただきました。

その時の施術の最後に、「この半年本当に頑張られましたね」と高橋さんにお声をかけました。その時高橋さんは軽く会釈してから、「ありがとうございました。」と言い、その顔を上げた時の表情は涙目でした。

ありがとうございました

この高橋さんの涙目の表情を見たとき、「この仕事で本当によかった」と思えた瞬間で、治療家人生の中でもこの時の経験は忘れられないものとなりました。

この経験からより多くの出産経験のある女性を救いたいと思うようになり、骨盤ケアを通って、出産後の様々な不調で悩む女性を少しでも減らすための取り組みをしています。

 

その甲斐あって、骨盤矯正でたくさんの患者様に喜んでいただけるようになりました。