院長からのメッセージ 頭痛ページ

院長からのメッセージ

当院では、頭痛に限らず、痛みで悩んでいる方がたくさん来院されます。
そのような方のほとんどは、長い期間痛みを我慢されてきたということ。
「行きたかったけど、仕事が忙しくて…」
「子供のことで気がとられていて…」
「どこに行ったらいいのかわからなくて…」
といったかんじに、自分のことを後回しにされている方が本当に多いです。
「もっと早くに施術を受けてくれたらよかったのに…」
このような方々を施術をしていて、私はいつも悔しい思いを感じていました。

お子様や仕事、家族を優先して周囲を大切にしていくということはたいへんに素晴らしいことです。

そんなあなたにもう1つ知って欲しいことは自分を大切にすることがまた周囲も 大事にすることにつながるのです。

あなたが痛みなく健康でいなければ、育児や仕事に専念することも、家族に笑顔で対応することもできません。

そして、あなたのまわりの人たちも大きなストレスを感じて生活しなくてはならないのです。 あなたが今、お体のケアをするかしないかによって、あなたの周りの人たちにも大きく影響するのです。

あなたには二つの道があります。
施術を受けて、あなたと周りの人がストレスのない快適な生活を送ること。
もうひとつは痛みをこらえて、あなた自身も笑顔になることができず、あなたのまわりの人もイライラしながら生活を送ること。
あなたにとってどちらの道が良いでしょうか?
「もっと早くに来ておけばよかった」
そう思わないためにも、後悔のない選択をしてください。