自己紹介 産後骨盤矯正

院長紹介

院長写真

院長 森 俊樹

資格

柔道整復師

整形外科リハビリ室 4年勤務

整形外科付属整骨院 3年勤務

アメフトのトレーナー 7年

2012年 とし整骨院 開院

趣味

旅行・サイクリング

私が産後の骨盤矯正をはじめたきっかけ

「育児と痛みでもうボロボロです。」

骨盤矯正の施術をスタートして間もない頃に、来院された産後3ヶ月のお母さんの西村さん(仮)にそう言われました。

かなりお疲れで、肩も腰も痛くて、股関節、恥骨痛と膝痛があって、痛くて寝返りもうてない‥。体型も出産前と変わってしまい、産前に履いていたデニムもボタンがしまらない状態だったそうです。
後にも先にもこんなに身体のあちこちを痛めている人を見たことはありませんでしたた。

骨盤の痛み

西村さんはお子様は二人目。上に2歳の男の子がいるお母さんでした。
お一人目のご出産の時は出産後の症状はそれほどつらくはなく、すぐに産前のお体の状態に戻ったそうです。そのため、育児で余裕がないのもあって、ほとんど骨盤ケアをせず、二人目のお子様を妊娠、そして出産となったのですが・・・。
そのことが、西村さんの産後の様々な不調の原因となってしまったです。

赤ちゃん 写真

出産後すぐに恥骨痛や腰痛が出てきて、普段の生活も困難な状況に。

すぐに骨盤ベルトをつけましたが、着脱も大変で、大きな効果もなかったのですぐに着用しなくなり、整形外科も受診しましたが、「骨に異常がない」ということで、たいした処置をしてもらえなかったということです。

病院での受診風景

どうしようかと途方にくれた時にたまたま当院のホームページを見つけていただいたそうで、ご来院していただきました。
はじめに施術を受けられた時は足を少し動かしただけでも痛がられていたので、症状のひどさに正直驚きました。あまりにも症状がひどかったので、ソフトに施術をしていきながら本来のやり方とは違う骨盤矯正を行いました。

骨盤矯正

西村さんの必死の頑張りもあって、少しずつ症状は回復していき、2カ月後には普段の生活を送れるようにまで回復しました。
「朝起きるときに痛みがないのがうれしい。」そう言ってもらえたことが私自身もうれしかったです。

この時、産後のお母さんがどれだけ大変かということを改めて認識しました。

その後、産後の女性の骨盤は通常の状態よりも不安定になっているため、より丁寧に骨盤を整えていく、「産後の骨盤矯正」をメニュー化しました。

今ではありがたいことに、書籍を出版することができ、同業の先生や患者様からも多くのご支持の声をいただいております。