自己紹介 トップページ 

骨盤矯正のスペシャリストの当院にお任せください。

院長 森 俊樹

1982年 生まれ 高槻市出身

資格

柔道整復師

経歴

整形外科 リハビリ室 4年勤務

整骨院 3年勤務

クラブチームのトレーナー 7年

2012年 とし整骨院 開院

私が整骨院の先生になったきっかけ

高槻の高校時代バレーボールを毎日のようにしていました。その時ひどい腰痛に悩まされ、ボールをとろうと前かがみも辛い状態で、痛みを我慢しながらバレーボールをする毎日でした。

病院に行っても痛み止めの薬と湿布だけ出され、「安静にしてください」と言われ、整骨院に行って腰の施術を受けるも、その場は楽になりますが、次の日になるとまた悪い状態に戻る日々・・・。

「もうバレーボールをやめるしかないのか・・・」という不安な気持ちでいっぱいでした。

 

バレーボールをしていました。

そのような時に、母からとある治療院の紹介され、半信半疑でしたが治療を受けに行くことに。

治療時間はものの30分程度でしたが、治療を受けた後に、今までにない感覚に襲われたのです。

いつもは起き上がる時に痛みを感じていたのが、楽に起き上がることができたのです。

そして前かがみになると痛みがあったのが半分ぐらいに収まっていたのです。
それから3、4回治療を受けてみると、ストレスなくバレーボールできるようになるまで回復したのです。

 

施術写真

なぜ、そのような結果が出たのか、詳しい理論などはその当時の私ではわからなかったですが、腰が悪いのにも関わらず、足や上半身の調整をしてくれたのは明確に覚えています。

この経験をきっかけに、何年後かに「本物の整体を提供できる先生になろう」と決意。

その後国家資格を取得し、2012年1月にとし整骨院を開業。

 

施術風景

色々な施術法を勉強したりして、現在の治療スタイルを確立しました。ただ、過去の私自身が腰痛で悩んでいた時に受けた治療が大きく影響しているのは間違いありません。

その後、2万回を越える施術実績、そしてメディアにも紹介していただけるようになりました。