一人目の出産の時に骨盤ケアは必要!?

とし整骨院の森です。

 

 

 

 

患者様によく聞かれる質問なんですが

 

 

 

 

 

「一人目の出産の時に骨盤矯正しても、二人目の時にまた開いてしまうので、一人目の出産時の骨盤矯正は受けても仕方ないのですか?」

 

という質問。

 

 

 

 

 

答えはNOです。

 

 

 

 

もう一度言います。

 

 

NOです。

 

 

 

 

 

ぜひ、一人目の時からしっかり骨盤矯正に取り組んでください。

 

 

 

 

 

確かに一人目の骨盤矯正をした後に、二人目のご出産をしても確かに骨盤は開きます。

 

 

 

 

 

でも、一人目で骨盤矯正をしていると、骨盤のもどりは非常にスムーズなんです。

 

 

 

 

 

逆に一人目でしっかりと骨盤矯正をしていないと、二人目のご出産時に大幅に体型が変わってしまう。体重がもどらない。腰痛などの痛みの症状がきつい と言ったことが多々起きてしまいます。

 

 

 

 

大事なことなので、もう一度言います。

 

 

 

一人目の時にしっかりと骨盤ケアをしておかないと、大変なことになります。

 

 

 

 

 

これは妊娠・出産で骨盤は大きなダメージを受けてしまいます。

 

 

 

特に大きくダメージを受けるのが骨盤底筋です。

 

 

 

この骨盤底筋という筋肉は骨盤の底を覆っているハンモックのような筋肉です。

 

 

 

 

出産時に骨盤底筋はかなり筋力低下をおこします。

 

 

 

 

一人目の出産時にそれほど体型が変わっていなくても、実際のところ骨盤底筋の筋力低下は起きているのです。

 

 

 

 

この骨盤底筋の筋力がしっかりとあると、骨盤が開いてもまた元の状態に戻りやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆にこの筋力低下が起きている状態で二人目の出産を迎えてしまうと、

 

 

 

 

 

 

 筋力が弱いので、骨盤が開いても元の状態に戻りにくくなります

 

 

 

 

 

そのため、一人目のご出産よりも二人目の出産の時のほうが症状が重くなってしまうのです。

 

 

 

 

 

というわけで、骨盤ケアは一人目のご出産の時から受けることを強くオススメします。

 

 

 

 

 

 

 お母さんはお子様のことに気が取られがちですが、ご自身の健康状態を良くすることも考えてくださいね。