骨盤底筋って知っていますか?

とし整骨院です。









骨盤底筋って聞いたことはありますか?







ヨガなどをやっている人は聞いたことはあるかと思います。







この骨盤底筋という筋肉、非常に大事なんです。







骨盤底筋は骨盤の底を覆っているハンモックのような筋肉です。







役割として色々ありますが、一番の大きな役割は





骨盤の安定化。





この骨盤底筋が骨盤を守ってくれる天然のサポーターもしくは骨盤ベルトの役割をしてくれています。






ところがこの骨盤底筋はお子様が産道を
とおる時にかなりのダメージを受けます。







帝王切開でお子様が産道を通らなくても、臨月の時には子宮は5㎏程度の重さがあり、骨盤底筋が受け皿となっているので、






妊娠しているだけでもかなりの負担が骨盤底筋にかかります。







そして、この筋肉が弱っていると色々な問題がおきます。







特に産後何ヵ月経っていても、尿もれや骨盤のグラグラ感、腰痛が続く人は






この骨盤底筋が弱っている人が非常に多いです。






なので、産後の骨盤矯正を受けに来られるお母さんには






10秒くらいでできる、骨盤底筋を鍛える
非常に簡単な体操をお伝えします。







もちろんこの体操だけしておけば、骨盤はしまってくる。という簡単なものではないですが、






骨盤底筋の筋力がある人のほうが、施術の効果が高いのは事実です。






産後のお母さんは子育てでイッパイイッパイで、なかなか体操する余裕もないかもしれないですが、






ご協力よろしくお願いします。