腰痛の時は腹筋をしてはいけない!?

とし整骨院の森です。
 
 
 
 
今回のテーマは腰痛。
 
 
 
 
 
腰痛って実に様々な原因があります。
 
 
 
 
 
ストレスだったり、骨や関節が変形することだったり、ヘルニアだったり、骨盤がゆがんでいたりと…。
 
 
 
 
 
本当に多種多様です。
 
 
 
 
 
 
そんな中で良く聞かれることがあります。
 
 
 
 
 
「やっぱ、腹筋を鍛えたほうがいいんですかね?」
 
答えは。
 
 
 
 
 
 
Noでもあるし、Yesでもある。
 
 
 
 
 
 
ということ。
 
 
 
 
 
要するに、ひとそれぞれ違うということです。
 
 
 
 
 
 
人によって、腹筋を鍛えたほうが良い場合もあるし、腹筋を鍛える必要がない人、むしろ腹筋を鍛えるとかえって腰痛が悪化する人、他の筋肉を鍛えないといけない人。
 
 
 
そして、筋トレする前にストレッチをして柔軟性を出していかないといけないこと。
 
 
様々です。
 
 
 
では、何を指標にして考えていったら良いのか。
 
 
 
 
 
答えは、姿勢です。
人それぞれ姿勢が違いますし、それぞれの姿勢のパターンがあります。
 
 
 
 
 
姿勢によって、すごく良く使われていて疲労してしまっている筋肉、逆にあまり有効に使われなくて弱くなってしまっている筋肉があります。
 
 
 
つまり、腹筋が良く使われていて、疲労してしまっている人に腹筋をさせても、かえって悪化します。
 
 
 
腹筋がきちんと使われていなくて、弱くなっている人に腹筋をさせないといけないのです。
 
 
 
 
 
具体的に言えば、反り腰の人がそれにあたります。
人間の腰はほとんどカーブがあります。(たまにほとんどカーブがない人もいます。)
これは背骨の腰の部分がカーブしているためで、地面からの衝撃を吸収させるためにカーブがあるのです。
ところが腰のカーブがすごいきつい人も多いです。
このような人を「反り腰」といいます。
壁にはりついてみて、腰と壁の間にこぶしが余裕で入る人は反り腰です。
 
 
 
 
 
反り腰の場合だと、背筋が良く使われていて、腹筋が背筋と比べて弱くなるので、腹筋をすると効果的です。
 
 
 
 逆に腰のカーブがほとんどない人は腹筋をしてはいけない場合が多いです。
これは腹筋が疲労した状態で、背筋がきちん使われていないからです。
この場合だと腹筋よりも背筋をしていかないといけないのです。
 
 
ただ上記で述べたように、人の姿勢は人それぞれ違うので、自己判断はしないことです。
 
 
 
 
 
必ずその方がやるべき筋トレのやり方と、やるべきストレッチがあるので、自己判断でやるとかえってマイナスになることもあります。
 
 
 
 
 
 
なので、私から言えることは
 
 
 
 
 
 
ちゃんと専門家である私たちに聞いてくださいね。
 
 
 
 
 
きちんとお伝えさせていただきます(^_^)