妊娠中から整体は必要です。

とし整骨院の森です。

出産後の骨盤ってどうなっているかご存知でしょうか。
出産時にホルモンがでることによって、骨盤を支えている靭帯がゆるんできます。
オキシトシンというホルモンですね。
それによって骨盤が広がり、出産ができるわけですが
人によって骨盤がもとの状態にきちんともどるわけではありません
たくさんの方の産後の骨盤矯正をさせていただきましたが
スムーズにもどる人もいれば、そうでない方もたくさんおられました。
「前履いていたパンツが全然入らない。」
「お腹のお肉がとれない、落ちない」
などなど、様々な意見があります。
「どうしてそんなに骨盤の戻りに差があるのかな」と疑問を持っていたんです。
お子様が一人目か二人目もしくは三人目かも大きく関係してくるのですが
しばらくやっていてもっと大きなことに気づきました。
それは出産前にしっかりとケアをしっかりとケアしているかどうかということ。
産後の骨盤矯正に来られた方に最初にお話・カウンセリングをするわけですが、
よくよく話を聞いておくと出産前にケアや体操をしている人といない人がいて
ケアをしていない方はやはり産後も体型の戻りが悪く
出産前にしっかりとケアしておくと出産後の状態が良いことに気づきました。
出産前はどんどんお腹が大きくなり、自然とお腹を突き出すような立ち方や歩き方になるのです。
そうなると、反り腰と言って、腰を反らせるような姿勢になるのです。
この反り腰の状態になると構造上、骨盤が開きやすくなります。
そのため、骨盤がもどりにくくなるのです。
なので、
出産前からしっかりと筋力を鍛えること。
そして股関節の柔軟性をだしておくこと。
この二つを意識するだけでもかなり違います。
一日1分体操するだけでも、いいのでしっかりとやってくださいね。
たとえばお尻の穴をグッとしめるだけでも違います。
これは骨盤底筋を鍛えるのに効果的です。
またスクワットもよいですね。筋トレと同時に股関節の柔軟性も改善されやすくなります。
開脚するだけも違います。股関節の柔軟性があるほうが構造上骨盤が開きにくくなります。
それ以外にもいろいろありますが、どんな体操をしたらいいのかわからない方は当院までお伺いしてくださいね。