腰痛について

とし整骨院の森です。




今回は腰痛についてです。


人間の背骨は横から見たときにS字のカーブを描いています。
これはこのS字のカーブがクッションの役割をしているので、このような形になっているのです。






しかし、腰痛の方はこのS字のカーブの形が乱れている方が非常に多いです。




この腰痛の方の乱れている背骨の形にはだいたい3パターンに分かれます。




①S字のカーブがきつすぎる反り腰型

腰のカーブがきつすぎて、腰の筋肉に負担がかかっています。



②S字のカーブがほとんどない、背骨まっすぐ型

腰のカーブがほとんどなく、地面からの衝撃を吸収することができず、椎間板や関節に負担がかかってしまいます。




③お腹の前に出て、背骨が後ろに倒れている型

お腹の筋肉が弱すぎて、お腹が前に出て、骨盤や背骨が後ろに倒れてしまいます。それにより、腰の筋肉にかなり負担がかかってしまいます。




自分がどのタイプなのか知りたい方はとし整骨院まで。