椎間板ヘルニアの本当の真実

とし整骨院・整体院の森です。

 

 

当院でも病院で「椎間板ヘルニアですね」と診断されて、当院に来院された方は非常に多いです。

 

 

椎間板ヘルニアというのはみなさんもご存じかとは思いますが、背骨にある椎間板という・クッションの中から髄核という核が外に飛び出してしまい、

 

 

神経を圧迫して、しびれや痛みなどの症状が出現するということになっています。

 

 

つまり、上記のイラストのように、椎間板から髄核が飛び出てしまうことが非常に問題視されていますが・・・。

 

 

 

ここで、非常に大切なことをお伝えします。

 

 

それは、痛みやしびれの症状のない人も、椎間板から髄核が飛び出ていることが非常に多いということです。

 

 

 

髄核が飛び出てしまうことで、即、ヘルニアの症状が出ることのほうが珍しいのです。(飛び出た髄核が無症状のままで、そのまま消えてなくなることも多いのです。)

 

 

 

実際、椎間板ヘルニアが原因として断定できる腰痛は、腰痛全体の5%と言われています。

 

 

 

そして、腰痛の85%は原因が不明と言われているのです。

 

 

患者様でも「椎間板ヘルニア」と診断されて、かなり不安になっている方も非常に多いのですが

実際、手術適用になることはほとんどありません。

また手術したとしても、また症状が再発してしまうこともあるのです。

きちんと施術をすれば、改善する場合がほとんどです。

(施術の効果には個人差があります。)

当院では、まずは姿勢や骨盤を整えることで、自然治癒力を向上し、より痛みの出にくい体つくりをしていきます。

痛みだけが治まっても、またぶり返してしまっては意味がないからです。

当院の施術のゴールラインが骨盤や姿勢が整って、呼吸ができるようになって、健康な状態というふうに設定しています。

このような状態になるようにしっかりと施術に取り組んでまいります。

ヘルニアと診断されて非常に不安だとは思いますが、お気軽にご相談してくださいね。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアについて詳しくはこちら

腰椎椎間板ヘルニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加