妊活においていちばん大切なこと。

とし整骨院の森です。

妊活を始めるにあたって、まず最初に医療機関を受診・検査をすることが非常に多いと思います。
そして、検査。検査で異常が見つかれば、治療。
特に異常がなければ、タイミング法→人工受精→体外受精とどんどんステップアップしていきます。
このように進んでいくことは決して悪いことではありません。
ただ、思うことがあります。
ちゃんとご自身で考えていますか?
 
ドクターに言われるがままにしていませんか?
確かにドクターのほうが専門家なので、ドクターのお話をきちんと聞かなくてはいけません。
しかし、ドクターでも治療方法は多種多様です。
タイミング法なども、どの程度の回数行うかもドクターによってマチマチです。
卵巣の刺激法もドクターによってかなり変わります。
つまり、ドクターによって治療内容の相性があるということです。
今おこなっている治療が果てして、自分の体の状態に合っているのか、しっかりと考えてほしいと思っています。
いや、むしろ「感じてほしい」というほうが正解かもしれません。
不妊治療の専門知識がなかったとしても、自分のカラダが上がり調子なのか、現状維持なのか、それとも調子が悪いのか。
このようなことを感じることは誰でもできます。
ぜひ自分のカラダの声を聞いてほしいです。
治療に限らず、「○○を食べると卵の質がよくなる」「お灸が効果的」といった様々な情報が反乱しています。
このような情報は間違いではないですが、
必ずしもあなたのカラダに合うとは限りません。
 ・
場合によってはかえってマイナスになりかねないのです。
色々な情報に惑わされてしまいますが、ご自身の体の状態がどのような状態か、そしてご自身のカラダが何を欲しているのか、しっかりと耳を傾けてくださいね。
このようなことが妊活において一番大切なことだと、私は考えています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加