痛みを抑えてくれる食材とは!?

とし整骨院の森です。

妊活をしていると食事についてはよく考えると思います。

その中でもよくクローズアップされるのが「油」です。油は取り方によっては健康にプラスになったり、かえってマイナスになったりもします。

今回はこの油についてお伝えしていきたいと思います。

油というのは色々とありますが、大きく分けると、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。

飽和脂肪酸は肉類や乳製品に含まれる油で、体内で作られる成分なので、それほど積極的に摂取する必要はありません。

もう一つの不飽和脂肪酸はオメガ3、オメガ6、オメガ9の3種類に分かれます。

オメガ9は体内で合成できるのですが、この中のオメガ3とオメガ6の2種類は体内では作られない脂質ですので、必須脂肪酸といわれています。そして、オメガ3とオメガ6の摂取バランスによって健康に大きく影響してくるのです。

①オメガ3がよく含まれる油です。

えごま油、アマニ油など
②オメガ6がよく含まれる油です。
サラダ油、ベニバナ油、マヨネーズなど
どちらも必要な脂質ではあるのですが、現代人は特にオメガ6が過剰摂取になっているといわれています。
これは昔に比べて、現代人の食生活がファストフード、菓子類に多く含まれているため、過剰摂取になっているわけです。そしてオメガ6の過剰摂取が妊活に大きく影響すると言われています。
オメガ6の過剰摂取がどうしていけないのか?
それはオメガ6の特徴の一つである炎症促進作用にあります
炎症とは体の中の組織に何かしらの異常が起きてしまったときに、痛みや熱など様々な症状が発生してしまうことです。
風邪をひいたときに熱が出ることも炎症反応の1つですし、花粉症でくしゃみが出るのも反応の1つです。つまりオメガ6の過剰摂取は痛みやアレルギー(花粉症など)症状を促進してしまうわけです。
頭痛や生理痛もオメガ6の過剰摂取によって症状を重くしているとも言われています。
 ・
そして、オメガ3必須脂肪酸はこれの逆の作用の「炎症抑制作用」があると言われています。
現代人はこのオメガ3必須脂肪酸が不足しています。普段からファストフード・菓子類を抑え、オメガ3必須脂肪酸を積極的に摂取していく必要があります。
 ・
いきなり食生活を変えることは難しいかとは思いますので、まずは間食を減らしてみる。使う油を変えてみるから始めてみてはいかがでしょうか。
いくらよい治療しても、食事の質が悪いと妊活はうまくいきません。これからも食事についてお伝えしていきたいと思います。

不妊症(二人目不妊整体)について詳しくはこちら

不妊症(二人目不妊整体)

不妊症(二人目不妊整体)に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加