骨盤ベルトはしたほうが良い!?

高槻市茨木市のとし整骨院の森です。

産後のお母さんによく聞かれるのですが、
「骨盤ベルトをしたほうがいいんですか?」
という質問。
そのような場合、このようにお答えしています。
「痛みがあればしたほうがよいですよ。
 
でも
痛みがなければ無理にする必要はないと思います。」
産後のお母さんでも、起き上がるときに痛みがある、寝返りをうつと痛いなどの症状がある方は非常に多いと思います。
このような場合の骨盤ベルトはコルセットの代わりをしてくれるので、非常に有効だと思います。
ところが、出産後何ヶ月も経って、痛みがない状態で骨盤ベルトをずっと装着した状態ですと、
確実に筋力が衰えてしまいます。
特に骨盤の底を覆っている骨盤底筋という筋肉がかなり弱ってしまい、骨盤がしまりにくくなってしまいます。
 

つまり骨盤を過保護に守りすぎてもよくないということです。
大事なことはしっかりと筋力をつけることです。
 
上記の骨盤底筋が弱くなってしまいますと、次の出産時に余計に骨盤が不安定になり、痛みを起こす原因になってしまいます。
 
なので、骨盤ベルトも大事ですが、筋力を落とさないことはもっと大事です。

もし筋力が衰えたままだったら

お子様が一人目の出産で体型がすぐに戻った…。

特に痛みもない…。

そうなると、あまり骨盤ケアをしない方が多いですよね。

骨盤ケアをしっかりとできていないと、筋力だけが衰えてしまいます。

そうなってしまいますと、後々になって大変なことになります。

骨盤ケア・骨盤矯正をしっかりとしていないと後々どのようなことが起きてしまうのか。

これを説明していきます。

①後からになって、体型が崩れてしまう。

出産してすぐに体型がもどったのに、出産してから1年以上経ってから、急にパンツが履きづらくなってしまった…。

このような方は意外と多いとです。

これも筋力が安定していないので起きてくる現象です。

筋力が弱いままで放置していると、あとからになって骨盤が開いてしまうことがあります。

筋力をしっかりと維持することが、外面的にも内面的にもきれいな体につながるのです。

 

 

体質が変わってしまいます。

出産すると、姿勢や体の使い方が変わります。

体の使い方が変わると、体質が変わります。

体質が変わってしまいますと、「生理痛や頭痛がひどくなってしまった。」「冷え性がひどい」

といったことがあります。

さらにひどい場合は二人目不妊の原因になることもあります。

一回体質が変わってしまいますと、かなりの労力がかかります。

そのためにも産後すぐにしっかりと筋力をつけて、キープしていかなくてはなりません。

代謝の低下につながりやすい。

出産してから筋肉量が減るので、必然的に基礎代謝も低下します。

代謝が悪くなってしまいますと、体温も下がってしまいます。

体温が下がって一番怖いのが免疫力の低下です。

体温が1度上がるだけで免疫力が5~6倍上がるという話があるくらいですので、体温が下がってしまいますと、それだけ免疫力も低下します。

また、基礎代謝の低下は太りやすくなる原因にもなります。

「食事を減らしているがなかなか痩せない…。」

このようなお悩みがある方は基礎代謝が通常よりも低い可能性があります。

健康になるためには筋力は必ず必要なんですね。

産後の女性におすすめの体操

産後の女性におすすめの体操や運動はたくさんありますが、寝ながらできる体操を二つお伝えします。

上記の体操は下腹部、世間一般的には下っ腹と言われている場所の体操です。

お腹のポッコリが気になる方には効果的な体操です。

次の体操はお尻を浮かして、骨盤底筋を鍛えるトレーニングです。

骨盤底筋はお尻をしめるだけでもある程度は鍛えられますが、お尻を浮かすだけでより負荷の高い運動になります。

骨盤ベルトは産後のお母さんにとっては、時には大切なアイテムになりますが、時には産後の回復を遅くさせてしまうものでもあります。

「骨盤ベルトを使用していいかよくわからない」という方は当院に一度ご相談くださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加