逆子にも効果があります。

高槻市茨木市のとし整骨院の森です。


当院の妊婦・マタニティ整体は逆子の施術もおこなっております。

逆子はそのままの状態でいると、帝王切開につながってしまいますので、できればやはり経膣分娩を望んでいるお母さんにとっては逆子は改善していきたいところです。

今回は逆子について説明をしていきたいと思いたいと思います。

 

 

 

逆子とは

逆子とは、子宮の中で通常でしたら胎児が頭が下になっていますが、何かしらの原因で頭が上になっている状態です。骨盤位とも言われます。

その時の状況で赤ちゃんの頭が上だったり、下だったりして、位置が状況によって変化しますが、妊娠30週までには改善する場合がほとんどです。医学的には28週を過ぎてから骨盤位ですと、逆子と診断されます。

 

しかし、30週を過ぎてもなかなか逆子が治らない場合もあります。35週をすぎて逆子の場合ですと、ほぼ帝王切開につながってしまいます。

そのため、35週までには逆子は改善していきたいところです。

 

逆子の原因

逆子の原因はさまざまなものがあります。

骨盤が狭い、羊水が減少する、子宮奇形、前置胎盤などの器質的なことが原因で起こることもよくあります。

ただはっきりとした原因がないにもかかわらず、逆子の状態がずっと続いている場合があります。

この場合、お母さんの体内環境が影響していると言われています。

お母さん自身に冷え性や過度なストレスがあったりすると、逆子の状態に陥りやすくなります。

足や骨盤まわりに冷えがあると、お腹の赤ちゃんが冷えを避けるために頭を上にしてしまいます。

赤ちゃんも自然と一番心地よい場所にいようとするのですね。

 

当院の対応方法

逆子の施術において一番大事なことは足の血流を良くすることです。

足の血流を良くすることで、赤ちゃんにとって心地よい体内環境にすることができます。

そこで当院ではお灸を積極的に使用しています。

写真は電気のお灸ですが、お灸を使ってツボを刺激します。

ツボを刺激することで血液循環が良くなり、冷えの改善につながります。

さらに、マタニティ整体で副交感神経を刺激することで、よりリラックスできるように施術していきます。

逆子だからといって何か特別なことをするわけではありません。あくまでもお母さんにとって健康になるように施術をしていけば良いのです。

逆子に限らず、また何か健康に関して疑問点がありましたらお気軽にご連絡くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加