妊婦さんにやってほしいこと

とし整骨院の森です。

妊娠中のお母さんは妊娠中期になると、腰痛を起こす方が非常に増えてきます。
これはお腹が大きくなることによって、
お腹を突き出すような姿勢になるのです。
それによって反動で背骨のカーブが非常にきつくなってしまい、

腰の筋肉に非常に負担がかかってしまいます。
いわゆる反り腰と言われる状態です。

この反り腰になると腰まわりの筋肉が縮こまってしまい、筋肉がかたくなってしまい、腰痛を起こしやすくなります。
また人によっては、むくみや冷え症を起こす人もいます。
これを防ぐ一番効果的な方法は
骨盤を動かすこと。
骨盤を動かしていないと、骨盤や背骨が固まってしまい、産後の状態にも影響してきます。
なので、妊婦の時に骨盤を前に倒したり後ろに倒したりと動かすことによって、骨盤の柔軟性が出てくるのです。
これだけしているだけでも全然違います。
そして産後の回復も変わってきます。
産後のケアは産前から始まっているのです。
・・
詳しいことはまた当院に聞いてくださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加