骨盤のゆがみをとる大事な秘訣

とし整骨院の森です。

骨盤矯正でゆがみを取っていくには

色々と秘訣があります。
まず大前提にあるのが
『人は勝手に歪んでいく』ということ。
人の臓器はそもそも左右対象ではないのです。
右側に大きな臓器、肝臓があります。
それによって腎臓も少し右側が下がっています。
つまり、人の身体は構造上左右対象にはならないので、勝手に歪んでいってしまうのです。
なので、骨盤矯正をしてしっかりと歪みを取っていく必要があります。
このことを聞いて
『じゃあ、骨盤矯正をしても、また勝手に悪い状態に戻ってしまうんじゃないの?』
と思ってしまう方もおられると思います。
確かに戻ってしまう可能性があります。
そのため、当院では「良い状態を形状記憶させる」ということをしています。

当院の骨盤矯正では筋肉も治療していきます。

筋肉の繊維を全部入れ替えるのにある一定の期間が必要になります。

つまりしっかりと治療をある一定の期間続けていくと、良い状態の筋肉に入れ替わってくるのです。

良い状態の筋肉になると自然と姿勢と骨盤も正しい位置に収まってきます。

それによって骨盤も正しい位置に形状記憶されていきます。

当院ではただ一時的に骨盤を矯正するのではなく、形状記憶させていくことを心掛けていきますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加