腰痛とレントゲン

とし整骨院の森です。

今回も腰痛についてです。

腰痛で病院に行くと必ずといっていいほどレントゲンを撮ります。

 p
pp
で、お医者様が言われることが多いのは、
 p
pp
pp
pp
pp
「骨と骨の間が狭くなってますね~」と言われます。
 
pp
pp
でもこれは本当に痛みと関係しているのでしょうか。
 p
実際のところ、まったく痛みがない人もレントゲンを撮ると
 
骨と骨の間が狭くなっていることは非常に多いです。
 p
で、何が言いたいかというと
 
pp
pp
あんまりレントゲンは気にしないほうがいいということです。
 
レントゲンの状態と痛みがほとんど関係しないことも多いです。
 
 
気にしすぎてしまうとかえって悪くなってしまいますので
 
pp
あまり気にせずに施術に専念しましょう。
p 
詳しくはとし整骨院までお越し下さい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加