ぎっくり腰を防ぐ簡単な方法

とし整骨院の森です。

最近増えてます。

そう、ぎっくり腰が。

ここ最近本当にぎっくり腰の方が多いです。

「重たい物を持ったときになりました。」

「捻った瞬間になりました。」

「車から降りた時になりました。」

と様々な理由でぎっくり腰になられています。

このようなことを防ぐにはどうしたら良いのか。

簡単です。

普段から骨盤を動かしておく。

簡単に言いましたが、これを毎日寝る前にやるだけでも本当に違います。

 

やはり日々のケアが大切なんですね。

 

では、「骨盤ってどうやって動かしたら良いの?」ってなると思います。

上記のイラストのように、まず腰まわりに手をあてて、背骨をゆっくりと反らしていきます。

この時におへそを前に突き出すようにしていきます。

そして、今度は背骨を丸めていきます。この時に今度はおへそを凹ませていきます。

これだけです。

 

背骨を動かしているだけのように見えますが、背骨とおへそを意識するだけで自然と骨盤も動いていきます。

簡単にできる体操なので、腰痛でお悩みの方はぜひ取り組んでみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加